よくある質問 ~売却~

Q.売り出し前に、リフォームはしたほうがよいですか?

普通はリフォームする必要はありませんが、買主様の好みの問題もございますので、一般的には買主様が行う場合が多いです。しかしあまりにも古かったり、汚れが目立つような場合は、少しでもリフォームすると見学者にとって印象が良くなり、早期に売却が決まったりすることもあります。

Q.鍵は預けなければいけないのですか?

居住中の場合は必要はありませんが、空室の場合は、弊社に鍵をお預け頂いた方が買主様の案内時など煩わしくありません。購入希望者の内見希望が出た際にスムーズに対応ができます。

Q.住みながら売却することはできるのですか?

中古物件の場合は、多くの方が入居中で売却を行うのが一般的ですので、もちろん可能です。

Q.買主様はいつ見にくるのですか?

前もってお約束した日に、不動産会社の担当者と一緒に見学させていただきます。 また、お休みの日に自由に見学できるようなオープンハウスを行うことも可能です。

Q.時間がかかって、結局売れなかったら困るのですが。

早く売りたい方は、販売価格を設定していただき、弊社をはじめ不動産会社の買取サービスや、お買いかえの方には、一定期間に売却できなかった場合に、あらかじめお約束した価格で買取らせていただく「買取保証サービス」がございます。

Q.近所に知られたくないのですが、広告を行なわないで売却は可能ですか?

広告をせずに売却することも可能です。弊社のネットワークから購入希望者へのご紹介など、多彩な方法で条件の合う方への売却情報を提供します。チラシ等の配布は出さずに、インターネットを利用して掲載することが効果的です。インターネットは興味のある方が見られますので、ご近所の方に知られにくく、購入希望の買主様が多数ご利用されています。

Q.買い換え先が未完成で、先に自宅が売れてたらどうなるのですか?

住まいの買い換えは、スケジュールの調整が重要になってきます。仮の住まいが必要な場合や、買主様に引渡しをお待ちいただく場合などがあり、一概には言えませんが、お客様にとって最適なお買い換えのプランをご提案いたします。

Q.売却の販売価格は誰がどのようにして決めるのですか?

担当者が提案した査定価格を参考にして、販売価格は最終的には売主様に決めて頂きます。ご希望価格と査定価格がかけ離れている場合は、お客様のご希望をお申し付けください。ご希望価格に近い売却計画をご提案いたします。

Q.売却する時の査定はどのようなことをするのですか?

査定の方法には、訪問査定(現地査定)と机上査定(簡易査定)があり、訪問査定とは、現地を実際に訪問し調査をするので、より具体的な価格を提示できる場合が多いです。また、お部屋やお庭の状態、方位、隣地との高さなどを確認してから査定を行います。日当り、騒音などのチェックなども実際のお部屋で確認を行います。 机上査定の場合、訪問調査はせずに、法規制等の調査、周辺の売出事例や成約事例の調査、市場の動向などを踏まえ、大まかな査定価格をお出しいたします。

Q.査定にはどのくらい時間がかかるものですか?

机上査定では、通常30分~1時間程の調査で査定価格を算出します。訪問査定は、現地確認に30分から1時間程度、その後役所での調査や法務局での調査が行われるので、査定書が出されるまでには数日かかることがございます。

Q.折込広告や住宅情報誌への掲載などをする場合、広告費用は誰の負担になるのですか?

広告にかかる費用は弊社が負担いたしますので、お客様自身でご負担いただくことはありません。例外として、特別な広告を掲載する場合は実費をいただく場合はございます。

Q.売却をお願いした場合、ホームページへの掲載料は無料ですか?

一般のお客様の場合、ホームページへの掲載は無料となっております。

Q.売却代金はいつもらえるものでしょうか?

売却代金は、契約時と引渡し時の2回に分けて支払われる場合が一般的です。その内訳はご契約時に5~10%程、引渡し時に残りが支払われることが多いです。

Q.自宅の売却資金を、買いかえ先に回したいのですが。

まず、ご自宅の売却資金を受け取るには、買いかえ先に引越ししてからになります。 このような場合、買いかえつなぎ融資の利用もできます。(一時的に必要資金を用意すること) 他に買主様の承諾が得られれば、引越後、残金受領後にも数日間、今の家に住まわせてもらい、残代金を購入先に支払ってから引越しができる場合もございます。

Q.日本の不動産を取得することに制限はありますか。

日本人と何ら変わりなくご購入頂くことができます。
現金でなら大きな問題なく購入できます。住宅ローンの利用は、永住権がないと難しいです。

Q.契約時の文書は外国文に翻訳したものを使うのか。

外国人が日本で契約をする際、日本の法律である宅地建物取引業法が適用されるので当然それらの書面の様式や内容は日本語で書かれたものです。
日本語が分からない場合、外国語に翻訳したものを添付し、説明をします。
通訳を通して契約をした場合には、通訳の人にも署名・押印をしてもらう。
通訳を通けて契約をする場合には、委任状を受領します。

Q.購入する際に必要な書類は何か。

・宣誓供述書(登記必要書類)※住民票の変わりになるもの 取得方法:居住国所属の公証人又は在日の大使館による認証
・パスポート
・印鑑

Q.どのような税金がかかりますか。

①印紙税(売買契約書に貼る印紙)
②登録免許税(所有者変更の登録料)
③不動産取得税
④固定資産税、都市計画税
⑤毎年度確定申告必要(賃貸等の収益物件の購入の場合)
※3~5は納税管理人の選任が必須となります。

Q.不動産取得後に必要な届出はありますか。

海外居住の外国人の場合、不動産取得後20日以内に日本銀行を経て財務省に事後報告が必要となります。

Q.送金はどのうようにされるか。

バンコック銀行とカシコン銀行の海外送金取扱店にて送金頂けます。
必要書類: パスポート、労働許可証、出金元口座の預金通帳
海外送金申込用紙
費用: 送金手数料 400バーツ
入金手数料※受取人負担と送金人負担とで手数料が異なります
・受取人負担の場合:400バーツ
・送金人負担の場合:送金金額の0.05%、最低2,100バーツ

関連記事

  1. よくある質問 ~購入~

  2. よくある質問 ~賃貸~