«

»

7月 19

『郷州 力』の思い

7月17日(金)、都内のろう学校にて夏祭りが開催され、その中で、郷州選手が学校に通う生徒にむけて講話をする時間を頂きました。

聴覚障害を持ちながら普通学校に通った時のエピソード、野球を通して礼儀や精神力を鍛え甲子園出場を果たした経験、キックボクシングを通して挑戦する事の大切さなど、小学生に夢とチャレンジ精神をもってほしいと語りかけました。

「耳が聞こえないからといってあきらめないで挑戦してほしい!」

私たちスタッフの心にも残る言葉でした。

講話のあと、郷州選手と同ジム所属のハチマキ選手にもご協力をいただき、プロの迫力あるスパーリングを見せてもらい、小学生の体験コーナーへと突入しました!

KIMG0140

写真は先日のタイトルマッチの時に着用したガウンとトランクスです。

体験コーナーでは、プロの選手に立ち向かう勇気ある小学生が沢山いて、みんなで気持ちよい汗をかきました。

郷州選手も小学生から勇気と元気をいただいたかもしれませんね。

R0046327

(2015年7月17日 自社内にて)